トップ

不動産

エネルギー

会社概要

お問合せ

少量危険物タンク 緊急時・災害時の燃料確保

株式会社岡山商店のエネルギーご案内ページです。

国内で350台以上の実績

弊社は,国内で350台以上の実績を持つ(※平成28年5月31日現在)BCP対策としての“少量危険物タンク”の提案業務を行っております。
今までの“少量危険物タンク“と違い,太陽光パネルや防油堤を搭載しているため電源がいらず,電気や配管工事が不要。設置場所が借地であっても設置したい場所に設置できるといったメリットがあります。
また機械を据え置けばすぐに使うことができます。
現在,運送会社や廃棄物回収業者,建機レンタル会社などで自社の敷地内に “少量危険物タンク”を設置し,燃料補給用タンクとして利用されています。被災時以外にも平時から利用することにより被災時や緊急時にも対応が可能となり,結果としてBCP対策となります。
国内トップシェアを誇るTATSUNO社製の計量機を使っているため,誰でも簡単に操作ができるほか,軽油,灯油,重油を最大990ℓ貯蔵することが可能です。
また,指定数量未満なので危険物取扱者免状も不要です。
タンクの設置,燃料補給は現在北海道から九州までをカバーしております。
なお,設置に必要なスペースは,幅2,000mm×奥行き2,000mmで,設置に伴う消防機関への書類作成も簡単に行えます。

11月15日(火)
スポーツニッポンの一面に
少量危険物タンク(サンキーパー)を掲載致しました

11月15日(火)のスポーツニッポンの一面に少量危険物タンク(サンキーパー)を掲載致しました。

少量危険物タンク(サンキーパー)について、より一層多くの方に知って頂き、使って頂く事で社会貢献に繋がるという思いから掲載致しました。

お手元に新聞がある方はぜひご覧下さい。

riscon in tokyo

昨年に引き続き 弊社では、「危機管理産業展2017」にBCP対策としての少量危険物タンク【サンキーパー】を出展致します。
危機管理産業展では,自治体,企業が抱える「あらゆるリスク」に対応する資機材・技術・サービスが一堂に集結するイベントとなっております。

※ 写真は昨年の「危機管理産業展2016」に出展した時の様子です。

軽油は消防法において備蓄・運搬に最適な燃料です!!
〜真に役立つBCPを構築しよう〜

〜扱いにくいガソリンから扱える軽油へ〜

乗用車の多くがガソリン車の為,被災時にはガゾリンが枯渇します。消防法においても軽油の場合,ガソリンに比べて備蓄燃料(非常用発電機等)を多く確保することができるうえ,多くの量を運搬することができます。被災時に給油困難な被災地,その周辺の支店や事業所に燃料を運搬する場合,真に役立つ燃料はガソリンではなく軽油となるでしょう。

ガソリンから軽油へ

軽油の備蓄はサンキーパーにお任せ下さい!!

〜備える備蓄燃料から使える備蓄燃料へ〜

サンキーパーは,今までのタンクと違い,太陽光パネルや防油堤を搭載しているため電源がいらず,電気や配管工事が不要です。機械を据え置けばすぐに使うことができます。また指定数量未満なので危険物取扱者免状も不要です。

サンキーパー
安心・安全・信頼のエネルギー供給
岡山商店では安全・安心・信頼を信条としてお客様に確実なエネルギー供給のサービスを致しております。
燃料供給でご相談のございます業者様は,ぜひ岡山商店へご相談ください。
不動産・エネルギーなど岡山商店へのお問合せはこちらから。